リレンザとマスクで多発性硬化症を避ける

多発性硬化症は、神経線維がまだらに損傷または破壊され、視力が低下したり、顔面の感覚が失われたり、四肢脱力などが起きる病気のことです。
原因ははっきりしていませんが、若いうちに何らかのウイルスと接触し、それが引き金となって、免疫系が自分の体の組織を攻撃するようになる、自己免疫反応によって起こると考えられています。
健康状態が比較的良好な期間と、そうでない期間とが交互にあらわれ、症状が悪化すると視覚障害や感覚異常が起こり、動作が弱々しくなります。
多発性硬化症の症状は、どの神経線維に異常が起きているかによって個人差があり、同じ人でも時期によってかなり変化します。
感覚情報を伝達する神経線維に問題が起きると、感覚異常が起こり、筋肉に信号を伝える神経線維に問題が起きると、運動障害が起こります。
損傷を受けた部分は自然に修復され、また繰り返し損傷が起こるため、症状があらわれたり消えたりします。
気温が高かったり、熱い風呂やシャワー、発熱などの高温によって悪化するので注意が必要です。
良好な健康状態が続いた後、自然に再発することもありますが、インフルエンザが引き金になる場合もあるので、冬は外出時にマスクをして、うがいや手洗いを忘れないようし、感染しないように気を付けなければなりません。
リレンザという抗インフルエンザ薬を使えば、多発硬化症のきっかけとなるインフルエンザの予防や治療に効果があるので、風邪を引いたかなと思ったら、出来るだけ早く用いるようにしてください。
リレンザは48時間以内に使用しないと効果がないので、いつでも使えるよう、自宅に備えておくとよいですね。
リレンザは病院で処方してもらうことも出来ますが、薬代以外の診察代などを払いたくないのであれば、個人輸入代行通販から購入するようにしましょう。